今日から使える微分方程式 普及版 例題で身につく理系の必須テクニック(飽本 一裕)

中軽井沢にある、小さな小さな本屋「書房道しるべ」(軽井沢Viitta内)の販売書籍からの紹介です。

巷では数学学習ブームのようです。高校の学習指導要領からはどんどん履修範囲が縮小されているのにもかかわらず、です。

ブームとなっている理由の根底には「必要性」あるからだと私は思います。

微積分は工学、とくに物理学とは表裏一体の関係にありますが、物事を分析する場合に数式を持ち出してアプローチする場合、微分方程式は非常に強力なツールとなり得ます。

ひじょうにざっくり言えば、「こんな感じになるとき」は「どんなとき」なのか?という疑問を解決できる可能性があるのです。

これまた巷では猫も杓子もAI、機械学習の話題で盛り上がっていますが、これらも微分方程式の御世話になっています。

本書は以前は単行本だったのがブルーバックスとして新たに収録されました。新書サイズで電車の中でも気軽に読めると思います。

段階を追っての解説はとてもわかりやすいです。一度手に取って頂ければ幸いです。(池田)

 

#書房道しるべ

#軽井沢Viitta

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。